ブラックリストの本当の話

延滞や保証履行、破産のブラックリストは何年間登録されるのか

ブラックリスト

融資の審査を受けても受けても落とされる場合は、ブラックリストに登録されている可能性が高いです。ブラックリストとは信用情報に登録された事故情報のことです。信用情報は加盟している金融機関同士で共有していますので、ブラックリストに登録されているとどの加盟金融機関の審査を受けても落とされてしまいます。信用情報は信用情報機関で収集されています。

CICと言う信用情報機関

信販会社やクレジット会社、リース会社、保証会社、消費者金融会社など様々な会社が加盟しています。延滞や保証履行、破産があるとCICの信用情報に異動と登録されます。契約期間中および取引終了後の5年間で登録されその後は削除されます。異動が登録されているからと言って特に審査に落とさないといけない決まりは無いです。しかし他の信用力のある顧客に融資したほうがリスクが低いです。ブラックリストに登録されている者にわざわざ審査に合格させることは少ないです。

中堅の消費者金融の一部にはブラックリストに登録されていても審査に合格させているところが見られます。

延滞や保証履行破産をした金融機関では…

ブラックリストから削除された後でも審査に合格する可能性は低いです。それは社内ブラックリストは削除されずにずっと残ったままだからです。金融機関では保証会社と契約し、保証会社に審査を担当して貰っていることが多いです。社内ブラックリストに登録された心当たりがある場合は、その金融機関を変えるだけじゃなく保証会社も変えてお申込みすることが必要です。


ブラックリストに載っている場合、または別の場合で審査に落とされる理由

ブラックリスト

お金に困った時、消費者金融や銀行のカードローンは非常に役に立ちます。特に消費者金融のキャッシングやカードローンは審査のスピードも速く、審査内容も柔軟にできているので比較的誰でも借り入れを行うことができる…そんな印象があります。しかし注意しなければいけないことがあります。審査に可決できる人は、あくまで限られている…と言うことです。例えば現在無職の方、や未成年の方は非常に厳しい傾向にあります。さらに致命的なのが過去に金融系のトラブルを起こしたことがある方…。トラブルを起こしたことがある方はまずお金を借りるするのは難しい…と考えた方が良いでしょう。

金融会社共通のブラックリストに載ってしまっているかも

これらの共通情報網はネットワークが非常に細く、細部まで行きとどくものなので地域に関係なく審査に落とされてしまう可能性が高くなります。せっかくお金を借りようと思っても審査に落とされてしまったら、また信用に1つ傷が付いてしまいます。ご注意ください。

属性の問題で審査に落とされる…ということも充分あり得ます

属性とは年齢や職業、収入…などといった様々な視点から利用者に対するリスクを貸し出す側の業者が吟味し、それぞれの項目ごとに点数をつけそれをとした総点数で申し込んだ人を評価する…というシステムです。年齢などが高齢すぎると審査に落とされやすくなってしまいますのでご注意ください。身に覚えがないのに審査に落とされた…と言う場合は属性の問題かもしれません。そういった場合は別業者を当たってみることをお勧めします。